レンタルサーバー

エックスサーバーの料金は他社より高い?少しでも安くする方法を解説

エックスサーバーの料金は高いのか?

少しでもお得に契約できるレンタルサーバーを探していると「エックスサーバーの料金は高い」なんて評判を目することや気になったりしませんか?

そこで、エックスサーバーの料金プランの詳細や他社との料金比較、安く契約する方法などを解説します。

\レンタルサーバー国内シェアNo.1/

エックスサーバーはこちら

4/21まで最大30%OFFキャンペーン中!

エックスサーバーで発生する月額料金

2022年8月4日12時よりエックスサーバーは初期費用が無料になったので、月額料金はレンタルサーバー代のみ

そんな月額料金は3つのプランによって変わるので、次の表に詳しくまとめました。

契約期間スタンダードプレミアムビジネス
初期費用0円0円0円
3ヶ月1,320円2,640円5,280円
6ヶ月1,210円2,420円4,840円
12ヶ月1,100円2,200円4,400円
24ヶ月1,045円2,090円4,180円
36ヶ月990円1,980円3,960円

契約期間は3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月の中から選び、長期間の契約をするほど支払う月額料金が抑えられるメリットがあります。

例えば、スタンダードプランを12ヶ月で契約すると、13,200円をまとめて支払うことになります。

また、全プラン共通で10日間無料のお試し期間が用意されているので、「エックスサーバーは使いにくい」と感じたら本契約しなければ料金は発生しません。

では、3つのプランは料金だけが違うのでしょうか?

プランによる違い

エックスサーバーのプランの違いは、「ディスク容量」「vCPU/メモリーのリソース保証」です。※2022年3月1日から1日の転送量が全プランで無制限で一緒になりました。

契約期間スタンダードプレミアムビジネス
転送量無制限無制限無制限
ディスク容量300GB400GB500GB
vCPU/メモリー128コア/1024GB128コア/1024GB128コア/1024GB
vCPU/メモリー
リソース保証
6コア/8GB8コア/12GB10コア/16GB
無料設定代行××3回/月
Web改ざん検知××
管理者ユーザー設定××

料金が高いプランほどデータ保存できるディスク容量が多く、他のユーザーの影響が受けにくいリソース保証が確保されています。

料金プランは「スタンダードプラン」がおすすめ

大は小を兼ねると言うので高性能なビジネスプランが良いかもしれませんが、個人でエックスサーバーを契約するならスタンダードプランがおすすめです。

ディスク容量が多い方が良いかもしれませんが、スタンダードプランの300GBもあれば約10万ページ保存できます。

スタンダードプランより料金が4倍も高いビジネスプランは、WordPressを始めたばかりの人には非常に勿体ないです。

もしページ数やアクセス数が増えてサーバーが不安定に感じたら、いつでもプラン変更ができます。

まずは、スタンダードプランを申し込んでも全く問題ありませんので安心してください。。

料金の支払い方法

エックスサーバーの支払い方法は、次の5つがあります。

支払い方法5つ

  • クレジットカード
  • Paidy翌月払い(コンビニ/銀行)
  • 銀行振込
  • ペイジー
  • コンビニ払い

上記の支払い方法の中でも、①クレジットカードと②Paidy翌月払いは自動更新できるのでおすすめです。

なぜなら、先払いとなっている月額料金の支払いについて自動的に更新処理を行ってくれるので払い忘れを防げます。

③~⑤の支払い方法は手動更新しかできないので、うっかり払い忘れてしまうとサーバーが凍結されてしまいます。

エックスサーバーの支払い方法で悩んでいるなら、自動更新できるクレジットカードやPaidy翌月払いを選ぶと良いでしょう。

\レンタルサーバー国内シェアNo.1/

エックスサーバーはこちら

4/21まで最大30%OFFキャンペーン中!

エックスサーバーと他社レンタルサーバーの料金比較

エックスサーバ人気No.1「スタンダードプラン」と他社レンタルサーバーのおすすめプランを料金比較しました。

比較項目エックスサーバーConoHa WINGmixhostロリポップ
おすすめプランスタンダードWINGパック ベーシックスタンダードハイスピード
月額料金
(12ヶ月)
1,100円911円1,210円825円
年間料金
(12ヶ月)
13,200円10,932円14,520円9,900円
お試し期間10日間最大31日間なし(30日間返金保証)10日間
vCPU第3世代「AMD EYPC」
128コア
Intel Xeon
36コア
6コア
メモリー1024GB256GB
無料独自ドメイン〇(1個)〇(2個)〇(1個)〇(1個)
ディスク容量300GB300GB300GB400GB
転送量無制限無制限無制限無制限
電話サポート×

エックスサーバーの料金は、他社レンタルサーバーと比べると少しだけ高いですね。

年間料金にすると3,000円ほど安くなるロリポップがコストを抑えたい人に向いています。

ただ、「大量アクセスでも影響が受けにくい」「手厚いサポート」など他社よりもエックスサーバーの評判が高いです。

最も料金が高いmixhostはアダルト制限がないレンタルサーバーなので、運営するWebサイトの好みで選ぶと良いかもしれません。

\レンタルサーバー国内シェアNo.1/

エックスサーバーはこちら

4/21まで最大30%OFFキャンペーン中!

エックスサーバーの月額料金以外に発生する費用

月額料金以外に発生する費用

  1. ドメイン取得
  2. オプション独自SSL

ドメイン取得

エックスサーバー本契約後に取得するドメインは、1円から購入可能な「.com」「.net」などが人気です。

高いドメインになると5,000円を超えるものもありますが、料金が高ければ上位表示されるとは限りませんので無難で格安な「.com」などを取得するのをおすすめします。

取得したドメインはサーバーに設定しなければWordPressのインストールができません。

エックスサーバーのドメイン取得から設定追加の方法まで詳しく解説した関連記事もありますので参考にしてください。

関連記事
エックスサーバーでドメイン取得とドメイン追加の設定方法
エックスサーバーで新規ドメインの取得と設定方法を解説

エックスサーバーは、ドメインの取得や更新の際に必要な料金で国内最安値を目指すレンタルサーバー ブログを始めるのにドメインは絶対に必要なので少しでも安い方が嬉しいサービスですよね! 低価格で簡単に独自ド ...

オプション独自SSL

エックスサーバーは、無料の独自SSLと有料のオプション独自SSLが設定できます。

独自SSLとは、取得された独自ドメインにSSLサーバー証明書を発行するもので、対象ドメインにのみ暗号化通信が可能になります。

ドメインのSSL化は、セキュリティ向上や信頼性を証明、SEO対策には必須となっているので、個人でも必ず導入する必要があります。

オプション独自SSLは認証レベルに応じて年間880円~83,600円の料金となっており、訪問者が目に見えて安心できるサイトシールにも対応しています。

ただし、有料のオプション独自SSLと無料の独自SSLのセキュリティレベルに違いはありません

個人が運営するブログやWebサイトであれば無料の独自SSLで十分です。

エックスサーバーで常時SSL化する方法は、次の関連記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

関連記事
エックスサーバーの解約・退会する方法
【解約できない!?】エックスサーバーの解約・退会の方法を徹底解説!

こんな方におすすめ ブログを辞めたいからエックスサーバーを解約したい! エックスサーバーの解約ができない・分からない! エックスサーバーから他社レンタルサーバーへ乗り換え検討中! エックスサーバー契約 ...

エックスサーバーの料金を安くする3つの方法

他社よりも料金の少し高いエックスサーバーをお得に利用する方法があります。

料金を安くする方法3つ

  • 月初めに申し込む
  • キャンペーン期間中を利用する
  • 自動更新設定にする

では、1つずつ解説していきます。

①月初めに申し込む

エックスサーバーを月初めに申し込むと翌月までの料金が無料になり大変お得です。

「無料のお試し期間は10日間だけじゃないの?」なんて疑問に思うかもしれませんが、利用料金が発生する日に秘密があるからです。

実際の契約(課金)はいつからになりますか?

ご利用料金はお申し込み日の翌月1日から起算いたします。
(例)7/15ご利用開始 → 8/1が料金の起算日となります

新規契約 - よくある質問 | レンタルサーバーならエックスサーバー

「それなら10日間のお試し期間と併用すればもっと長くお得になるのでは?」と考えそうですよね。

そこで月末と月初めに申し込んだ場合の料金の起算日について、具体例を表にまとめました。

申込日本契約
(試用期間終了日)
料金起算日
8月1日(月初め)8月11日9月1日
7月25日(月末)8月4日8月1日

本契約が同じ月だったとしても申込日の翌月から料金が発生するので1ヶ月分も違ってきます。

数日で月が替わるのであれば月初めに申し込めるまで待つ方が良いですね。

②キャンペーン期間中を利用して申し込む

エックスサーバーでは、利用料金「半額キャッシュバック」「最大30%オフ」などのキャンペーンを行っています。

それぞれ期間限定の割引キャンペーンになっていますので、申し込む時によって特典内容は変わります。

過去開催のキャンペーン例

  1. 2022年12月23日(金)12:00 ~ 2023年1月13日(金)12:00(最大30%OFF)
  2. 2023年1月13日(金)12:00 ~ 2023年2月3日(金)12:00(半額キャッシュバック)
  3. 2023年2月3日(金)12:00 ~ 2023年3月3日(金)12:00(最大30%OFF)
  4. 2023年3月3日(金)12:00 ~ 2023年3月24日(金)12:00(半額キャッシュバック)

不定期開催されるキャンペーンですが、約3週間~1ヶ月ごと交互に繰り返し行われているのが分かります。

キャンペーン対象になるには12ヶ月以上の契約をした場合に限られるので注意しましょう。

③自動更新設定にする

エックスサーバーの支払いを自動更新に設定すると、長期契約者と同じ利用料金が優遇される割引特典が受けられます。

例えば、契約期間を3ヶ月や6ヶ月で手動更新するよりも自動更新でしか設定できない1ヶ月のほうが料金は安いです。

契約期間自動更新手動更新
1ヶ月1,100円利用できない
3ヶ月1,100円 220円お得1,320円
6ヶ月1,100円 110円お得1,210円
12ヶ月1,100円1,100円
24ヶ月1,045円1,045円
36ヶ月990円990円

自動更新設定できるクレジットカードで支払えば、カードのポイントも貯まるのでさらにお得になります。

12ヶ月分をまとめて支払うのには不安を感じるなら、自動更新で1ヶ月ごとに支払っても損にはなりませんよ!

12ヶ月以上の一括払いで永久無料ドメイン特典が貰える

自動更新と契約期間12ヶ月以上をセットで選択すると、永久的に無料になるドメインがプレゼントされます。

これからブログを始める人が永久無料ドメインを取得したら、エックスサーバーを月額料金だけで利用可能です。

すでにエックスサーバーでドメイン取得済みの人でも、12ヶ月の自動更新に設定変更すれば永久無料ドメインの対象になります。

2個目以降のドメイン取得を考えている人は、12ヶ月以上の一括払いの契約を検討してみると良いかもしれません。

関連記事
エックスサーバーでドメイン取得とドメイン追加の設定方法
エックスサーバーで新規ドメインの取得と設定方法を解説

エックスサーバーは、ドメインの取得や更新の際に必要な料金で国内最安値を目指すレンタルサーバー ブログを始めるのにドメインは絶対に必要なので少しでも安い方が嬉しいサービスですよね! 低価格で簡単に独自ド ...

エックスサーバーの料金でよくある質問

複数月を毎月の支払いに変更可能ですか?

月額料金を毎月支払うことは可能です。

ただし、手動更新では最短で3ヶ月ごとに支払いになっているので、1ヶ月ごとの自動更新に設定変更してください。

支払う料金はどこで確認できますか?

エックスサーバーアカウントにログインして「料金支払い」をクリックすると、過去の支払い履歴が確認できます。

各履歴の内容を知りたい場合は「詳細」をクリックすると、詳しい支払い情報が確認できます。さらに、請求書や受領書のダウンロードも可能です。

解約はいつでもできますか?

エックスサーバーは途中解約が可能で、アカウント内のサーバー契約情報から解約手続きを行います。

解約手続きが完了しても料金を支払った契約期限までサーバーは利用可能なので、返金されないので注意しましょう。

エックスサーバーの解約・退会する方法!運営中のサイトはどうなるの?

まとめ

エックスサーバーは料金が高いと言われることもありますが、スタンダードプランを36ヶ月で契約すれば月額料金990円で利用できます。

また、12ヶ月以上の契約でドメインが永久無料でプレゼントされる特典もあり、料金が高いと正直感じません!

エックスサーバーのサーバー性能はレンタルサーバーの中でもトップクラスで、国内シェアNo.1に輝くほど人気です。

レンタルサーバーを探している人はエックスサーバーの評判を参考にしてみてください。

参考にどうぞ!
エックスサーバーの評判は悪い?メリット・デメリットで分かる特徴を解説

ブログの運営に必要なレンタルサーバーを探していると、候補の1つにエックスサーバーがあるはず。 でも、簡単にエックスサーバーと契約しても良いのかって悩んでもいますよね? そこで、エックスサーバー利用歴6 ...

\レンタルサーバー国内シェアNo.1/

エックスサーバーはこちら

4/21まで最大30%OFFキャンペーン中!

-レンタルサーバー
-