賢威のデザインはダサいのか?

賢威のデザインをこよなく愛する管理人「ちゃん(@cyan_customizer)」です。

しかし、ネット上の賢威の評判には「賢威のデザインはダサい」と書かれてあったり、デザイン面を心配して検索されるブロガーは多いです。

私はシンプルなデザインで幅広いテーマに合わせやすい賢威が好きで、当ブログやアフィリエイトサイトに利用しています。

賢威のデザイン性について解説します。

賢威8 WordPress版

  • ユーザー数27,000を超える
  • SEOノウハウが凝縮された完全プロ仕様
  • WordPress初心者でも安心のサポート体制
おすすめ度カラム数言語
5.03パターンHTML5及びPHP
サーバ環境WPのバージョンバリエーション
PHP 7.1以上
MySQL 5.6 以上
WordPress 4.9.8 以上1種類
(自由に色を設定可能)

気になる賢威の評判はこちら

賢威8はフラットデザインを採用

賢威8は、2010年代後半から主流となったフラットデザインなので、決してダサいデザインではありません。

ただ、賢威自体が他のWordPress有料テーマより古くから販売されているため、賢威7もしくは賢威6のデザインを未だに利用しているサイトを見るからかもしれません。

賢威7の販売は2015年、スマホのレスポンシブ対応で一部フラットデザインが採用されているますが、少し古臭さが残っています。

賢威7のテンプレート
賢威7プリティ版ピンクのテンプレート。

賢威ユーザーであれば、最新の賢威8にアップデートするだけでもダサいデザインは解消できます。

アップデートする方法は、下記の関連記事を参考にしてください。

賢威8をインストールしてテーマを適用すれば、公式デモサイトのような仕上がりになります。

賢威8デモサイト
賢威8 WordPress版で作成されたデモサイト。

賢威8 WordPress版は1種類しか提供されていませんが、管理画面から色やカラム数など自由にカスタマイズできます。

あなたが思い描くサイトを賢威で作っていきましょう。

賢威で作ったサイト

今までに賢威で5つのサイトやブログを作っていますが、当ブログ「ちゃんブロ工房」は賢威8で作成されています。

賢威8有効化直後(デフォルト)

賢威8を適用直後はシンプルなデザインで、少しダサいと感じる人もいるでしょう。

ただ、賢威テンプレートの感じを残したままで、現在はカスタマイズをしている段階です。

また、一切カスタマイズしなくても、賢威8で企業サイトを1時間手ほどで作成することも可能です。

賢威8で作った企業デモサイト

賢威8で用意されているデザインパーツだけを使って作成しましたが、十分オシャレなサイトができたと思います。

装飾タグでブログをオシャレなデザインにする

賢威8ではプラグインを利用せずに、投稿ページや固定ページの編集画面から文章を装飾できます。

賢威8ビジュアルエディタの装飾タグの種類

よく利用する装飾
  • マーカー
  • 文字色
  • ボックス

上記の3つは、私が頻繁に利用する賢威8の装飾タグで、オシャレで見やすいブログを運営するには欠かせません。

マーカー1つにしても6種類、文字色は15種類の色から選択できるので、自分のサイトテーマのデザインに合わせやすいです。

賢威はSEO対策に優れたテンプレート

そもそも賢威は、デザイン性を求めるユーザーよりも、上位表示を求める人向けのSEO対策された完全プロ仕様のWordPressテンプレートです。

Google検索エンジンで、狙っているキーワードで2ページ目に表示されても、ほぼクリックされることはありません。

もし1ページ目にランクインしたとしても、1位10位ではクリック率が10~15倍以上の差があります。

例えば

1位なら1日で50クリックされるキーワードの場合、10位だと3クリックほどしかされません。

ブログを収益化されている場合、アクセス数に大きな差があると、1ページの稼ぎだけで数万円~数十万円の違いが生まれます。

まずは、サイトのデザインを求めるよりも、上位表示しやすいSEO対策された賢威が良いでしょう。

初心者でも収益化しやすいデザイン

賢威のデザインがシンプルで物足りないと感じるかもしれませんが、逆に余計なものを一切取り除かれているため、訪問者に売りたい商品までの導線を描きやすい特徴があります。

例えば、あなたが愛用している商品をいくつか紹介するページに、次のランキングリストを活用すると良いです。

賢威のランキングデザインパーツ

1日に10人ほどの訪問者がいるだけでも1個や2個ほど売れる可能性があり、1ヶ月に換算すればお小遣いになるはずです。

ランキングリストは、賢威8に初めからあるデザインパーツなので、初心者でも収益化しやすい設計になっています。

デザイン重視なら賢威以外の有料テーマを検討

賢威のデザインがどうしても受け入れられない人は、デザイン性が優れている有料テーマが良いでしょう。

WordPress無料テーマは数多くありますが、賢威よりもかなりデザイン性が低いものがほとんどです。

賢威と同じ有料テーマなら、自らカスタマイズせずにオシャレなデザインが利用できます。

特に、次の有料テーマがWordPressテンプレートの中でもデザインが優れています。

デザイン性の高い有料テーマ4選
  • AFFINGER(アフィンガー)
  • THE THOR(ザ・トール)
  • JIN(ジン)
  • SWELL(スウェル)

賢威以外の有料テーマのデザイン面を中心に解説します。

AFFINGERは中性的なデザインで万能

AFFINGER(アフィンガー)は別サイトで利用しているWordPressテンプレートですが、有料テーマの中でも群を抜いてオシャレなホームページ作成が可能です。

ちゃんちゃん
2022年2月最新版AFFINGER6がリリースされました!

初心者でもデザインしやすい設計で、カラーパターンが計12種類、デザインパターンが計5種類があらかじめ用意されています。

組み合わせ次第で、計60パターンのデザインが選択できるので、他のユーザーと被りにくい設計にもなっています。

また、AFFINGER公式サイトに「稼ぐに特化したWordPressテーマ」とあるように、デザインだけでなくSEO対策も十分です。

アフィリエイト広告やアドセンスも、ウィジェットや管理機能から指定箇所へ簡単に設置できます。

ただ、高機能すぎて初心者には分からない設定が多い印象があります。

アフィリエイト運営していく上で賢威がダメなら、まずはAFFINGERを選択すると間違いありません。

JINは女性的なデザインでブロガー向き

JIN(ジン)は、超有名なアフィリエイターのひつじさん(@hituji_1234)とプログラマーの赤石カズヤさん(@cps_kazuya)が開発したWordPressテンプレートです。

デザインを一言で表すと、丸みのある柔らかい感じで、ガチガチのアフィリエイトサイトよりもブロガーが利用するのに向いている印象です。

JINの特徴としてデザインパーツが豊富で、見出しデザインだけでもあらかじめ160パターン用意されています。

デザイン性の高さだけでなく、ひつじさんが培ってきたノウハウを充分詰め込んでいるテーマなので、SEO対策にも不足はありません。

オシャレなブログ運営する中で収益性を高めたいブロガーなら、JINが最もおすすめです。

THE THORはカッコいい系デザインでアフィリエイト向き

THE THOR(ザ・トール)は、北欧神話の戦神「トール」から付けられたWordPressテンプレートで、アフィリエイト界のトップを目指すテーマです。

デザインは男性的なカッコいい系を取り揃えており、JINとは対照的でかわいい系やPOP系でない印象です。

ブロガーも十分利用できるテンプレートですが、最適なのはアフィリエイトサイトでしょう。

さらに、初心者でも簡単にワンクリックで着せ替え可能なデザイナーズサイトがあります。

デザイン性を最も高めたいと願うのであれば、THE THORを選んで良いでしょう。

SWELLはシンプルデザインで高機能

SWELL(スウェル)は、これまで紹介したWordPressテンプレートと異なり、シンプル美を追求し洗礼された有料テーマです。

賢威もシンプルなデザインですが、どこか野暮ったい印象があります。

SWELLのシンプルなデザインは、悪く言えば線の細いイメージですが、スマートな印象誰もが飽きの来ないブログやサイトを作成できます。

また、WordPress5.0より採用されているブロックエディタ(Gutenbergグーテンベルク)に完全対応しているため、これからブログを始める人にはおすすめの有料テーマです。